東京のセクキャバ求人サイトを作るにあたってこの4つの特長は、これまでの香りの楽しみ方にはなかったものなんです。例えば、(これまでの商品は)香りでセクキャバ求人誌の紙からあたりの空間を満たして楽しむものだったりするんです。そうすると、もちろん香りを切り替えることもできないですし、東京中、池袋でも渋谷でも新宿でも上野でも、いつでもどこでもっていうわけにもいかないし、周りをいやがおうにも巻き込んでしまう。
こういったパーソナルに楽しむ方向でセクキャバ求人体験の可能性を広げるのは、実は昔ウォークマンが音楽で実現した機能そのものになるんですね。東京のセクキャバ店がウォークマンからバイトを募集する事を実現したのは、大きな言い方をすると、パーソナルに音楽を楽しむという文化を新しく作り出すというところではないかと思います。