たとえばすごく東京の池袋や上野や新宿のセクキャバ求人の企画がよくても、神奈川の横浜や川崎のセクキャバ求人の戦略的にすごくよかったとしても、実際モノを作って見せた途端に、関東のセクキャバ求人の企画やコンセプトがぜんぜん体現できてない。ユーザー体験として落とし込めないというケースが、実際ありました。
僕自身もそれで失敗していて、渋谷セクキャバ求人の企画まですごく頑張って、特に社外でやると、すごく頑張っていろんな承認、承認、承認を通してきて、結果ようやくセクキャバのバイト求人誌らしいのを作れるってなったときに、できない、みたいなことがすごくありました。なので、このやり方じゃないなと。UI、UXを元に考える、これからのやり方これからのやり方って、今まであったここのUI、UXというかたちを、とにかく前に持ってこようと。