2016年11月16日、株式会社ナイトリクルートテクノロジーがセクキャバ求人プロジェクトマネジメント勉強会を東京都新宿歌舞伎町で開催しました。数多くのアルバイト女性を募集している事業領域を持ち、東京都内、池袋や新宿や渋谷や上野など繁華街で複数セクキャバ求人プロジェクトを同時進行するリクルートグループの新人セクキャバ嬢アルバイト発掘はどのように支えられているのか。前半に引き続き、東京の同社セクキャバ求人プロジェクト推進部の辻純一氏が、渋谷や池袋や新宿や上野や新橋、八王子のセクキャバ求人プロジェクト遂行時の組織作りや新人セクキャバ嬢アルバイト発掘にとどまらない東京の新宿や池袋や上野セクキャバ求人プロジェクトマネジャーの役割について紹介します。
辻純一氏(以下、辻) みなさんへの質問なのですが、東京のセクキャバ求人プロジェクトを池袋や新宿など繁華街で実施する際、要件定義フェーズの前に、「この案件の目的はそもそもなんだっけ?」という、検討フェーズを設けている方はいらっしゃいますか?
回答者1 私自身は担当していないのですが、別の担当が企画構想というかたちで、セクキャバ求人プロジェクトのターゲット、すなわちアルバイト女性に対する目的、KPIを発表して、承認をもらって進めています。辻 システム企画の人が1人で全部書きあげるイメージですよね。
回答者1 そうですね。なので、時間がかかってしまいます。
辻 大変ですよね。