通常セクキャバのアルバイト求人を出した場合、2週間ぐらいまでなら応募を引ける感覚があると思いますが、3ヶ月先までとなった場合、どういう組み立て方をするとアルバイト女性の募集・育成計画が成り立ちやすいかについてこれからお話しします。
東京や大阪、名古屋など日本のセクキャバ求人を全体でみると、4段階のアルバイト女性のレベルを作成し、管理していく方法があります。Level0は、いわゆるマスタースケジュールと呼ばれているものです。パワポ1枚で、セクキャバ求人プロジェクトの最初から最後までを俯瞰できるものになります。
ビジネス側がやること、開発側がやることなど、それぞれのセクキャバ嬢アルバイト募集の担当者がやるべきことの大枠を書いていきます。
その上の方にフェーズが書いてあって、「論理的にはこういうことが組み合わさって、セクキャバ求人のアルバイト募集の最終時期までいくよね」という内容がわかるようになっています。
我々はその後、Level2へ飛び、それぞれの該当フェーズにおけるタスクを具体的に書きにいきます。「1週間以内の単位で、タスクを全部組み立てなさい」と。
要件定義フェーズが3ヶ月だったら「3ヶ月分を全部想像で書きましょう」「前後関係を論理的に組み立てながら書きましょう」ということをやります。
その後、Level0とLevel2をベースに、Level1を書きます。
Level0のマスタースケジュールでは整合性が取れていたはずなのに、各チームのリーダーに書いてもらった詳細スケジュールを突き合せてみると、それぞれの感覚の違いやどれだけバッファを含めるかといったことから、ズレが発覚するわけです。そのズレを確認するなかで、「このフェーズでこんなにかかっていたら、ここ進められないから全体遅延するよね」など、いろいろな課題が見えてくるんですよね。