県外のセクキャバのアルバイト募集状況を見ると、わりと自治体がリーダーシップをとってセクキャバの求人を主導しているんですよ。今回のイベントでは、それを見せられたのがよかったですね。
上田 例えば、東京ってセクキャバ求人統一化が進んでいるように見えますけど、実は県ごとにまったく募集ルールが違って、求人シェアサービスが禁止されている県と禁止されていないイケてる県があるんです。それで、イケてる県からビジネスが立ち上がってるんですよね。自治体と言うと違和感がありますけど、東京のセクキャバも結局そうなんですよ。
重松 それで、東京も一律禁止ではなくて、地域によってアルバイト求人の事情が全然違うんだから、本当に困っていてライドシェアなどを必要としているところからやっていこうというのが安部政権の一貫した考えですね。そこはすごくいいなと思います。
――しかし一方で、現状ではまだセクキャバ求人に規制などもあるわけですが、そのあたりについてセクキャバ協会としての考えはどうか、それが気になるところです。