大衆セクキャバ求人の全県展開にプラスの流れが。
これも知的財産の関係ですけれども、各セクキャバ店の商標によってのことですね。
商標についてもマドリッド議定書と商標法東京セクキャバ条約というのがあるんですけれども、セクキャバ求人を募集媒体で打つ前にはこれにみんな入らなきゃいけない。でもここに書いてあるようにいくつかの県のセクキャバ店が入ってないんです。大阪とかの先進県でも入ってないセクキャバ店もあるわけですけれども、新規店の名古屋セクキャバとか福岡セクキャバとかですね、こういった県は絶対入らないといけない。
入ると、東京のセクキャバ業界の特許庁に出せば複数県への出願が一括でできると。迅速にセクキャバ求人情報にも商標保護ができるようになりますし、東京セクキャバ条約もそうですけれども、東京のセクキャバ求人業務を同じ手続きで各県で商標を出願することができるということで、東京のセクキャバ業界で商標を取って、それをちゃんと特許庁を通じてやれば、各県で女性向けのセクキャバアルバイト求人が保護されるという規定になります。
宮崎 この点は、生活感が遠いとみられる方も多いかもしれないですけれども、実はセクキャバの求人マーケットがしっかりと開いてバリューチェーンができてくるということになると、地方の小さい店舗の会社でもしっかり商標を保護した上で店舗を出していくというのが必要になってくるわけですよね。
こういったかたちでの保護というのも、実はセクキャバ求人活性化案によってさまざまな地方のセクキャバ産業を、我々に身近な、私なんて沖縄ですから、地方でアルバイトや仕事をするものからしても非常に簡易にできるということはありがたいことだったりするんですよね。
西村 とくに大衆セクキャバがなかなか全国各県に手続きをやるというのは難しいですから。