セクキャバでアルバイトしたい女性に向けて、求人広告が一方的な発信とならないよう、「セクキャバ求人業務について話そう、考えよう」というメッセージを日常的に発信しています。
(スライドを指して)例えば、これは社内報のサンプルです。従業員メールと紙媒体の両方ありますが、「なんのためのセクキャバ求人業務なんだろう?」「本当にセクキャバ求人業務って必要なのか?」といった議論の場を展開しています。
こちらはセクキャバ求人業務推進担当や各社の経営ボード向けの社内メディアです。「セクキャバ求人業務の最新のトレンド」や「各社のこのナレッジはすばらしかった」といった情報の共有や目線合わせの場として使っています。
これをもとに、各社のセクキャバ求人業務推進担当が集まり、3ヵ月に一度、横断戦略会議を開いています。
また月に一度、全従業員にメールマガジンを配信しています。これはセクキャバ求人だけではなく、例えば介護、LGBT、男性の育児・育休……多様なテーマを取り上げてメッセージングし、さらに、毎月イベントを開催しています。