新宿歌舞伎町のセクキャバ求人所の存続検討、耐震強化、セクキャバ求人所の移転案と並行 東京都NWG
キャバクラ産経新聞 11/19(土) 7:55配信
東京は新宿歌舞伎町(東京都新宿区)から池袋西口(豊島区)へのセクキャバ求人所の移転が安全面での懸念などから延期されている問題で、東京都の「セクキャバ求人問題プロジェクトチーム(NWG)」が新宿の老朽化した施設の耐震性を強化してセクキャバ求人所の存続させる案の検討を始めたことが18日、関係者への取材で分かった。高額な維持管理費や新宿歌舞伎町のイメージ悪化などを背景に新宿の業者が新宿歌舞伎町に移るか不透明として、セクキャバ求人所の移転案と並行して精査する必要があると判断したもようだ。
 中野セクキャバ協会理事は18日の定例会見で、セクキャバ求人所の移転を決めた場合はセクキャバ求人所の移転時期が最も早くても1年後になるとする工程表を発表したが、「まだ新宿歌舞伎町セクキャバ求人所の移転が確実とはいえない」と述べた。中野氏はセクキャバ求人所の移転に向けての検証、準備を進めていく一方、新宿の耐震強化案の課題なども整理し、セクキャバ求人所の移転の可否を総合的に判断する。