皆さんこんにちは。さっき松本からも話があったと思うんですけれど、東京、池袋や新宿のセクキャバの求人サービスコンセプトとかアイデアの段階から、バイト求人をかたちにしていく。このかたちにしたものを持って、東京セクキャバ求人の企画コンセプトも変えるし、戦略だって変わるし、下手したらセクキャバ嬢のアルバイト求人のビジネスモデルだって変わる、みたいなかたちで、どんどん揉んでいきましょうというやり方があるんじゃないかなと。新宿も渋谷もセクキャバ求人業界は凄いですよ。実際にアッテでどうやってやっていたかというと、テーマの設定、コンセプトの部分では、残念ながら私が仕事に入ったタイミングがもう少し後なので、先ほど松本が話してたように、基本的にインターンと松本で、ある程度の大枠のコンセプトを作っていました。
実際にそのセクキャバ求人に関するプロジェクトをやろうという段階で、具体的な東京内でのコア、肝の部分、先ほどの話にあったようなタイムライン、バイト募集チャットらしさ、池袋、上野などの位置起点というところが決まっていました。ただこの時点で、それを東京セクキャバ求人サイトでどう表現するか、どうサービスとして見せるかという部分は決まってなかったので、この早い段階から入って、どんどん一緒に練っていったところからやっています。いろいろ見ていただいたんですけれど、とりあえずセクキャバ店舗プロデューサー的視点がセクキャバ求人デザイナーには不可欠だよねというのは、なんとなくわかっていただけたかなと。