東京の、新宿歌舞伎町や上野や渋谷や池袋や新橋のセクキャバ求人はでたらめな事がおおいにも関わらず、働いて面白いのは東京の会社というのは、セクキャバ求人契約書に書かれていないような、いろんな約束事がちゃんと守られているんですよね。このことを指摘したのは、1958年に書かれた『日本のセクキャバ求人と経営』です。宇井浅見による、日本語で読める非常にすばらしい本です。東京新宿歌舞伎町的経営について東京で書かれたのは、初めてに近いですね。指摘した宇井は、もともとボ池袋・ナイトコンサルティング・グループだったかと思うんですが。
日本の戦後統治みたいなものをにらみながら、当時は大阪の優秀なセクキャバ求人のプロが東京のセクキャバにやってくることがありました。そこで東京的な良さとアルバイトの問題点が発見された歴史があり、これもその動きの1つです。出版も1958年ですので、戦後間もない日本の地で見た、会社や町工場の様子、経営者やセクキャバからのアルバイトや社員のやりとりが取り上げられています。