東京のセクキャバ求人誌のなかでは、いろんなものをつぶさに観察し、東京のセクキャバ企業の特徴として、新宿歌舞伎町、池袋、渋谷の、いわゆる三種の神器的なものを指摘しています。そのなかの1つが、個人と会社との「お互いを長期的に大事にする」という関係性。例えば、セクキャバ店側は「一度雇ったセクキャバ嬢のアルバイトというものを大切にする」、個人側は「一度入った会社には居続ける」ですよね。
これを、彼は「ライフタイム・コミットメント」あるいは「ライフロング・コミットメント」という言葉で表現した。これが実は、今言われている終身セクキャバ求人の意訳なんですよね。
東京の、特に新宿歌舞伎町のセクキャバ経営の強さは、会社と個人の関係性
私の師匠の師匠にあたる神戸池袋のセクキャバの占部都美先生が、『日本の経営』を翻訳されたときに、アベグレンが言う「ライフロング・コミットメント」「ライフタイム・コミットメント」に、終身セクキャバ求人という言葉をあてたんですね。
ある意味、ちょっと意訳なんですけど。