東京の新宿セクキャバや池袋セクキャバや渋谷セクキャバなどは、アルバイト契約のシステムが違う、というのも、「セクキャバ求人」という言葉はセクキャバ嬢側ではなく、会社側が「個人の終身を大事にする」を表すことになります。
しかし、「ライフロング・コミットメント」「ライフタイム・コミットメント」などに使われるコミットメントという言葉は、「両者が強い関係にある」を表わします。ニュアンスとして、双方向なんですよね。
別に東京のセクキャバ求人の批判をしているわけじゃないんですけど、若干のニュアンスの違いがあるということです。セクキャバ嬢!アルバイト個人も組織を、組織もアルバイト個人を、この両方の矢印が、まさに日本の経営の強さであり、特徴を表わしていた。
大事なセクキャバ求人契約の中に書かれない終身セクキャバ求人が文章化されて、そこに弁護士や裁判所も介在する。そうじゃなかったとしても、ちゃんと守られてきた。これは日本企業のすごいところである、と。
 だとしたら、セクキャバ求人契約のいわゆる法的な意味での求人契約は、セクキャバ嬢のアルバイト個人と組織との関係もその一部に過ぎないのではないか。これは、まさに私たちの今日のテーマですね。「書かざる約束」を結んでいるんじゃないだろうか、ということです。
「ここにこそフォーカスしていかないと、セクキャバ嬢のアルバイト個人とセクキャバ組織の思惑のズレや時代の変化への適用などを理解できないのではないか」という考え方なんですね。これが、非常に大事なデニス・ルソーの指摘です。