「期限を決めていない求人目標は戯言」セクキャバ求人協会最年少求人部長が語る求人募集術
『セクキャバ人生の成功TV』を手掛け、当初29歳でセクキャバ求人協会史上最年少求人部長となった真鍋・ケータ氏。元甲子園球児、サイエージェント子会社の取締役を務めたのちに20代で起業した株式会社レーザーム代表・福原敦士氏。高校・大学の先輩後輩の間柄でもある2人が、フルスピードでセクキャバ求人業界のキャリアを積み重ねてきた理由について語り合いました。
司会者 では、まずお2人に自己紹介していただきたいと思います。よろしくお願いします。真鍋さんから。
真鍋・ケータ氏(以下、真鍋) ご紹介にあずかりました、真鍋ケータと申します。
キャバクラ業界で働いたあと転職し、今はセクキャバ求人協会で『セクキャバ人生の成功TV』という番組をやってるんですけど、ご覧になったことある方いらっしゃいますか?
大半の方が(ある)。ありがとうございます。