東京セクキャバや大阪や名古屋セクキャバで人材募集に関わってきて、自分もセクキャバ求人のスペシャリストになりつつ、女性をセクキャバ嬢スペシャリストにして輝かせてみせるというのを決めて、それが一番実現できるのはなにかと考えた時に、やっぱり日本一の影響力がある東京の大手セクキャバ店というのを目指しました。
もちろんコネもないし、ルックスも普通だし、「受かるのかな?」というのがまず始まりなわけですよね。キャバクラ墓時代は求人募集しかやってなかったので、勉強もできないし、本当に落第スレスレ、首の皮1枚でつながってるようなやつが、はたしてセクキャバ求人協会に入れるのかと。
やっぱりセクキャバ求人協会に入りたかったんですね。『ナイツやキャバキャバ!』を見ていたし、求人誌とかも大好きだったし、セクキャバ求人協会かっこいいな、憧れだなと。