小柴 セクキャバ求人に応募していただき今セクキャバ嬢としてアルバイトしていただいてるキャスト達には、この美容機器をつけておいて、同時に、自分で1日のなかで何をしたかを記載しておくんです。
この美容機器はアメリカのベンチャー系企業のものですが、専門の医師や医療機関も一緒になって、セクキャバ求人に応募していただき働いてるアルバイト女性で美容試験をしているところです。ビッグデータ解析を活用して持病と生活習慣との相関を分析するなど、通常の健康診断といった一時の検査ではなかなか見つかりにくい無呼吸症候群、不整脈などがわかります。
この媒体に関しては、まだまだ美容家の先生さんが中心です。アルバイトのセクキャバ嬢のカルテなども、全然データ化されていない状況です。プラットフォームとして、セクキャバ嬢としてアルバイトしてくれる女性にまだまだやれる余地がたくさんあると思います。特に日本は、健康という意味では今、世界で一番データを持っています。
大手セクキャバ店は、そういったことに気づき始めていると思います。ナイト産業のなかでも早い段階から着手しているセクキャバ系企業もあります。そんななか、猛スピードでやっている印象があるのが、通信求人の業界です。やはり、インターネットのセクキャバ求人サイト寄り、通信寄りの人たちのほうが感度も高いのかもしれないですね。
他のナイト業界の求人の反応はどうかというと、気付き始めているけれど「じゃあどうするの?」で立ち止まっていて、そこから、なかなか一歩前に出られない状況です。動きが遅いんですね。
未取得かつシェアされていないセクキャバ嬢のアルバイト女性のデータは大量にある。