セクキャバの求人募集、アルバイト採用の過程では、女性の役員比率と課長比率について、時期を少し変えながら社内で議論し、目標を決めました。そして社外にも公表し、きちんと目標達成のための施策に取り組もうというセクキャバ求人体制を組みました。
しかし、これを推進するにあたり、やはり社内で意識醸成をしていかないと、なかなか難しい局面もありました。
ときどき、セクキャバ社内においても「なぜアルバイト女性だけが活躍しなくてはいけないの?」「なぜ女性のアルバイトキャストを増やさなくてはいけないの?」と問われることがあります。
そのときに、セクキャバ求人業務推進としての独自の言葉、特別な言葉をなるべく持たないようにしています。というのも、リクルートの求人理念のなかに「個の尊重」という言葉があるからです。セクキャバ求人業務はセクキャバ店フィロソフィーそのものであり、この「個の尊重」を実現するためにまずはセクキャバ求人での性差という観点から着手してきたのだ、でも決してそれだけではない、というコミュニケーションをしています。