■データでアルバイトを探してセクキャバ求人を見ている女性の嗜好にあわせた経営を
それでは、実際にこのセクキャバ求人広告システムをお使いいただいている、もしくは、お使いいただこうとしている方の声を、お聞きください。
――体入ボートの強みは?
利用者 セクキャバ求人システムについて、面接予約管理と求職女性管理、この2つが一元化されていることが強みじゃないかと思います。
どうしてもセクキャバ求人に応募電話してきて面接してる時って書き間違えとかが、起こるじゃないですか。人間だと、数字の「0」とアルファベットの「O」を区別できなかったりとかがあるんですけど、ちゃんとデータとして、間になにも介さずに保持できることが、非常に大きなメリットだと思います。
うち、今、5店舗運営していまして、セクキャバ店舗によっては、アルバイト応募女性の情報をデータ化することが追いついてない店舗もあるんです。今年の末に求職女性データ管理部門みたいなものを作るんですけれど、そこで、しっかり体入ボードの面接予約データベースを使わせてもらおうと思ってます。
面接予約の際のアルバイト応募女性データをもとに、その女性にダイレクトメールを送ったり、「こういう求人キャンペーンがありますよ」と送ったりすると同時に、現場で、「あ、この女性は、マヨネーズ嫌いだよ」とか、「この女性は、辛いのが好きだよ」とか、よりアルバイトを探してセクキャバ求人を見ている女性に近いサービスに利用させていただければなと考えていて、そういうチームも発足させました。
大宮 これらのセクキャバ求人広告と、体入ボードを中心とした一連のサービス。今年の11月からスタートさせていただきました。そして、ありがたいことに、スタートしてわずか2ヶ月で、申し込み件数は1万を超えています。本当に多くのアルバイト応募女性にご期待いただいています。