「東京都内のセクキャバ求人なら、ここで働きたい」「ここのセクキャバに時間を投資したい」を調べるためにネットで検索すると、池袋セクキャバや新宿セクキャバや渋谷セクキャバなど、いろんな東京のセクキャバ求人が出てくると思います。しかし、第三者である東京のセクキャバのアルバイト女性が言いたいことと、東京セクキャバ系企業が言いたいことは、必ずしも一致していません。そこでミスマッチが生まれているんじゃないかと考えています。
左脳的ではなく、第三者評価でもなく、東京セクキャバ系企業が「自分たちの思い」を求人で語る。右脳的なセクキャバ求人を作り語ることが必要だと思っています。なので、PR 部長のミッションとして、「池袋、上野、渋谷、新宿、新橋などのセクキャバからより多くの運営会社・求人団体のストーリーを生み出して、より多くのステークホルダーに伝える仕組みを作る」ということをやらせていただいております。