東京池袋や新宿歌舞伎町のセクキャバや、上野や渋谷や新橋のセクキャバなど、ほとんどの東京セクキャバ系企業が、会社の求人理念をセクキャバ嬢へ浸透させることが必要だと感じていながら、3分の1は(なにも)やっていません。3分の2は対策を講じているにも関わらず、そのうちの80パーセントは「ぜんぜん理念が浸透してないんじゃないか」と自覚をしています。
中には「経営層が把握していない」「ちゃんと制度になっていない」「理念に掲げていることと、やっていることが違う」と感じているところもあります。
池袋セクキャバや新宿セクキャバや上野セクキャバは、求人応募数も従業員満足度が東京で最下位。けっこう衝撃的な数字が出ています。それでいて転職が少なく、会社への定着率は高いです。セクキャバ求人応募数が下がっているのは、「受け身の定着」が原因じゃないかと思っています。
現在セクキャバ嬢のアルバイトは、4つに分けられると言われています。