2014年の求人内部調査によると、このゆとり社会が産んだ「ダメセクキャバ嬢」が(店舗に)54パーセントいるという衝撃的な数字が出ています。「金のキャバ嬢」は、わずか4分の1と言われています。
これだけみると「東京のセクキャバ系会社はやばいんじゃないか」と思うのですが、意外と救いがあるのが「銅のセクキャバ嬢」(シラケセクキャバ嬢)ですね。もうちょっとで「銀のセクキャバ嬢」にいける人が、実は東京のセクキャバにはたくさんいます。会社がすべきことは、この人を放っておくのではなく、引き上げることだと言われています。
会社にとって、セクキャバ嬢は「社会との接点」
東京セクキャバ嬢採用の話に戻します。店舗はセクキャバ求人で人を増やして、どんどん成長しなければいけません。でも、大きくなればなるほど、ステークホルダーはコミュニケーションをとらなければいけない相手が増えます。その分、課題も大きくなっていきます。
創業したてのころは「とにかくサービスを知ってもらえればいい」「顧客を増やせればいい」とセクキャバ求人よりも集客を考えればいいと思います。しかし当然、働く人(セクキャバ嬢のアルバイト)を増やしたい・成長させていきたい。そのためにはセクキャバ求人の数と信頼性を高める必要があります。東京セクキャバ嬢採用候補者や、その女友達、男友達に信用されなければいけない。