セクキャバ嬢としてアルバイトするメンバー個人のプライバシーや東京のセクキャバ求人に応募した理由や家庭の問題にはあまり踏み込んではいけない、踏み込みたくないと構えてしまっています。
ただ、実際はセクキャバのアルバイトと育児などを両立していくなかで、上司に理解してもらわなければいけない、協力してもらわなければいけないことがけっこうあるんですよね。
そういう時にも、セクキャバ求人を担当していた上司がアルバイト女性の相談に乗ってくれるいいパートナーにならないのは、ちょっと違うのではないかと私は思っています。
「プレゼンティズム」といいますが、プライバシーの問題における悩みなどは、セクキャバというアルバイトの生産性とセクキャバ嬢の求人に大きな影響を与えます。今の生産性議論のなかでたいへん重要なテーマになってきています。
セクキャバアルバイト女性のプライバシーの問題をどうやって解決するかというテーマについて、セクキャバ嬢を求人募集した会社側がまったく無頓着でいるわけにはいかない。