■悩みから脱する効果的なセクキャバ求人方法「もっとがんばっている人を見る」
完全に「セクキャバの求人広告を作れる」というゴールが私には見えなかったんですけれど、それがつらいということではなくて、周りとの比較で「自分ができていない」「セクキャバ嬢のアルバイトをしててもぜんぜん会社に貢献できていない」とか、そういったところがものすごくつらい時期だったんですね。
「つらいな」と思って、同期に話をしようかなと、誘ってセクキャバの求人募集の仕事の後に飲みに行ったりすると、同期がもっとがんばっている話しか出てこなくて(笑)。「私がこんな泣き言を言っているのは馬鹿らしいな」「そんなことは言えないな」と思うことを、繰り返し、繰り返し、繰り返し。
私が秘書をしているときに、たまたま同期が子会社を立ち上げて社長に就任することがあって。その取締役会の運営を私がやってるときに、「秘書ってなんの求人募集をしてるのか、正直わからなかったんだけど、こんな重要な求人募集をしてたんだね」って言われたり、そういう言葉に私は救われました。
子会社社長を、新卒で任されるのは彼が初めてだったんですけれど、そういった同期がそういうふうに声をかけてくれたこともうれしかったですし。「彼にはもっともっともっと苦労や努力があるはず」ということを想像したら、自分がそうやって、うじうじしていることが本当に馬鹿らしいなと思って。
おすすめの方法としては(笑)、「もっとがんばっている人を見る」こと。もしかしたら悩んでいる自分を脱する1つのポイントかもしれないなと思っています。
あとは、私もマネージャーという立場になって、ちょっと気を使っていることが……もちろん忙しすぎてもダメなんですけれど、暇だと人って悩み出しちゃったりするんですよ。考える余裕があるので、「このままでいいのか」とか「この人はこんなふうにしている」とか。逆に忙しすぎても疲弊してしまうんですけど。
なので今は、その調度いいバランスの求人募集を考えるようにしています。逆に自分がそういう経験をしたからこそ、気を付けているということはあります。こんな感じで大丈夫ですか。