やはり東京のセクキャバ求人デザイナーなので、上野でも池袋でも新宿でも、バイト広告デザインというものがコアにあります。ブランディングもしなきゃいけないし、UXの設計というのもしっかりやります。ただし、それだけじゃなくて、セクキャバ求人の募集コンセプト、バイト女性のビジネスモデルの部分からしっかり考えて。さらに実際に作る段階からセクキャバ求人市場まで考える、というのをやっていくことが必要かなと。セクキャバ店舗プロデューサー視点を持つためには? こんな感じで偉そうに話すとあれなんですけど、実際に新宿や渋谷や池袋のセクキャバ求人をする店舗プロデューサー視点を持つにはどうしたらよいのか? これは僕のなかにもまだ正しいバイト求人の答えはないんですけれど、だいたいこんな感じかなと。
まずは、いろんな店舗のセクキャバ求人サイトのサービスを知りましょう。これは単純に、アプリが僕たちの夜のバイト探しのメインなので、気になる東京のアプリはひたすら調べて。UX的によいというのも調べるし、あとは実際にそれがなぜヒットしているのか、池袋も渋谷も新宿も上野のセクキャバ求人では実際にどれくらい応募があって、どういうビジネスモデルでバイト求人募集をしているのか、というところをとにかく調べます。そして募集要素を抽出します。あとは、実際にセクキャバ求人サービスしようというときに、なんとなくざっくりのセクキャバの市場規模感。これはガッツリやるわけじゃないんですけれど、さっと調べられる程度で市場感だったり市場の成長度を調べることが必要なんじゃないかなと。