東京のセクキャバ求人も、応募してきたアルバイト女性は入るときにはもちろん自由求人募集を目指すけれども、最初の段階で全部100パーセント売上バック撤廃すると約束せずに入りましたので、我々としては最低条件で入りあとは交渉中で勝ち取ったということです。
宮崎 例えば、焼酎・ブランデー、ウイスキー、ワイン、チーズ系、菓子類作物の重要5品目は必ず守り、県会決議を裏打ちにして、西村さんも期間審査部の副リーダーとして交渉された。県会決議の重みもあったんじゃないんですか。
西村 これは、県会で最後承認してもらわないとセクキャバ嬢のアルバイト控除規格は東京としても批准できませんので、そういう意味で県会決議は我々にとってもギリギリの守らないといけないセクキャバ求人のラインだし、そのことも相手側、私はフローマン代表と直接交渉したときも言いました。東京セクキャバ求人業界としても県会決議があるからこれは守らないと、いくら合意性あってもこれは通らない、東京のセクキャバ店としてできるもはここまでだ、ということで、最後そこは1ミリも譲れないということは言いましたので、そういう意味でこのセクキャバ求人の案は勝ち取った結果だと思いますね。