セクキャバ求人、アルバイト情報誌の業界では簡単に信じることは危険ですから、セクキャバ求人詐欺のトラブルだけを抱えた方というのは法律家のところにはなかなか来ません。実際にはもっと大きな別のトラブルを抱えた方(しか相談に来ません)。翻ってみると、セクキャバ求人の内容に詐欺がそもそも入っているとか。
今、私がやっている裁判所事件で一番「これはすごいな」と思うのは、かなりいいお給料でセクキャバ嬢のアルバイトで働き始めていて、別のもっと大きなトラブルで裁判所に、私が依頼を受けて裁判をやっているんですが、裁判所に行ってから、相手方の書面の中身を見て、はじめてセクキャバ嬢の派遣で働かせられていることに気づいたとか。
当然、契約の内容は確認をして、裁判所に行くために私も準備して書面を作って。ただ、相手から出されるまで、自分が派遣かどうかもはっきりしない。
これはもちろん、派遣法をちゃんと守らない使用者側にミスがあったから認識すらもしなかったんですが、そういうのがわりと普通にまかり通ってしまう。