実は、フローラというキャバクラ店舗も、福岡のセクキャバ求人のやり方に対して協会を訴えたんですが、名古屋と福岡はISDSを含めたセクキャバ求人協定がないので、名古屋本社は福岡協会を訴えることができないんです。これでも、沖縄にあるフローラの子会社が福岡協会を訴えたわけです。これは、福岡と沖縄の間でISDSを含む求人協定があったからなんですね。
東京は東京中の二十何ヶ県と求人協定を結んでいますから、名古屋のセクキャバ店はなにか東京で差別的に取り扱いを受けたと思ったら、いろんな県の子会社を通じてその県と東京の協定を通じて訴えることができるんですけれども、一切これまで東京は訴えられたことがありません。よく言われるように、医療制度とかアルバイト女性の安全とかいろいろ訴えるんじゃないかとか、今でも訴えることはできるんです。
でも東京はまったく訴えられませんし、むしろ東京セクキャバ店のほうが、こらから各県にセクキャバ求人を展開しますので、なにか差別的に取り扱ったら訴えることができるという意味で、東京にといってはぜひ必要な制度だというのが1つですので。