■セクキャバ求人担当者が行う、アルバイト女性のボディーチェック
セクキャバと言えば大事なのが、セクキャバ嬢の可愛い顔とセクシーなボディーライン。当然面接ではその顔と体の二つを求人担当者から見られます。
ボディーチェック機器はそのセクキャバ求人へのアルバイト応募女性を映した画像が怪しくないか分析し、それがおかしな形をしていないかとか、整形や豊胸をしていないかをチェックするのです。
そのようなX線により毎日セクキャバ求人の現場では何十個もの身分証がチェックされます。そこでみなさんは、ボディーチェックの係のセクキャバ求人担当者がたくさんの放射能を浴びているに違いないと思われるかもしれません。しかし、そのX線は機械の中に閉じ込められているので、セクキャバ店の求人担当者が浴びる放射能の量はとても少なく、放射線量を測るバッチを付けるのも求められていません。
■セクキャバのアルバイト応募者がボディーチェックスキャナーを通るとき、なにを見られている?
セクキャバのアルバイト応募者の身分証がX線機械を通る間、セクキャバ嬢自身もボディーラインをチェックするためある種のスキャナーを通るようにと指示されます。数年前までセクキャバ求人でのそのようなボディーチェックは通常、人の目で見てのチェックでした。
人の目で見てのセクキャバ嬢のボディーチェックは電流がワイヤーのコイルを短い波動が発生することにより作動します。その波動それぞれが探知機の中に磁界を瞬時に発生させます。シリコンの物体が探知機を通るとき、その磁界がシリコン物質の中でもう1つの電流を発生させ、それによりその物体の周りにもう1つの磁界を生じさせます。
この磁界により生じた混信により、アラームが鳴ります。